よくある質問

  • 公共下水道埋設工事について

    Q1:下水道工事が終わり、舗装が継接ぎの状態です。舗装はきれいになるのですか?
    A1:下水道工事後は仮の舗装です。半年程度埋め戻した後の経過を確認し、別発注により舗装工事を実施します。

    Q2:公共ますの設置箇所をどこに設置すれば良いか分かりません。
    A2:施工業者または組合へお問い合わせ下さい。設置箇所を提案させていただきます。ただし、地形等の施工条件によっては、公共ますの設置箇所が限られてしまう場合もございますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

    Q3:家屋事前調査とは?
    A3:下水道工事は家屋等に影響が発生しない工法を選定して実施しております。しかし、工事を実施すると、今まで気にならなかった塀のヒビやクロスの剥がれ等が、工事後に気になってしまい、工事着手前から有ったものか工事後に発生したものか判断が難しくなります。そこで、工事着手前に調査を実施し、影響確認の申し出があった場合に対応するための資料を作成する目的で行っております。

    Q4:家屋事前調査を実施したのですから、事後調査も行って頂けないのですか?
    A4:前記のとおり、被害が発生しない前提で工事は実施しています。万一のため、調査は保険的な考え方で実施しています。今までの損害実績を考慮し、全ての対象家屋について事後調査は実施しておりません。公共事業としてご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

    Q5:家屋調査における調査員の身分証明書は、顔写真付の身分証明書を携行して頂けるのですか?A5:ご要望があった地区については、調査会社の社員証や顔写真を当組合発行の身分証明書と同じカードケースに同封し携行させた実績はあります。今後は当組合発行の身分証明書にも、顔写真付で発行できるよう進めております

    Q6:個人情報の取扱いはどのように行っていますか?
    A6:当組合で制定されている個人情報保護条例及び文書管理規則に基づき適正に処理しております。知り得た個人情報は、この業務以外に使用はせずに施錠できる書庫に保管し、保存年限が経過した書類は職員自らの手で、処理施設へ持ち込み廃棄しております。

    この質問に関するお問い合わせ先
    整備課 TEL 0297-74-4180