公共下水道とは

○公共下水道の目的と役割
 下水道の目的は、下水道法第1条のなかで、「都市の健全な発達及び公衆衛生の向上に寄与し、あわせて公共用水域の水質の保全に資することを目的とする。」とされております。このことからも分かるように、公共下水道の目的と役割は生活汚水の排除処理、トイレの水洗化等による居住環境の改善や公衆衛生の向上であり、基本的な都市施設の役割にとどまらず、河川・湖沼等の公共用水域の水質保全のため欠くことのできない施設として、その役割は多岐にわたっています。今日皆様の生活水準の向上に伴い、下水道は必要不可欠な施設として早期整備が望まれています。
 公共下水道が使えるようになると、トイレが水洗化され、くみ取りの必要がなくなりますし、浄化槽をお使いの方も、浄化槽の維持管理やその費用が不要になります。家庭から出る生活排水等も直接下水道へ流すことになるため、側溝等に汚水が滞留することがなくなり、いやな匂いや、蚊・ハエの発生を防ぎ、衛生的で快適な街になります。



○水の循環
 水は無限ではないのです。地球上にある生活用水は大変貴重で限られており、下の図の様に循環しています。雨が降り、地中や川より飲料水(生活水等)に精製され、人々の生活に利用されたのち、処理場によって浄化され、海にたどり着き、蒸発した水分がまた雨となり皆様の所に戻ってきます。
その中で下水道施設は重要な役割を果たしています。

<水の循環>

このページに関するお問い合わせ先
料金課 TEL 0297-74-4127